スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンフィス・ベル

爆撃機を扱った映画が観たくて
ちょっと前に手にとったのは633爆撃隊。
予想しなかった拾い物だったんだけど
2人乗りだったんよね。

俺が望んでたのはもっと多くが乗り組んでるやつ。

で、久しぶりにメンフィスベル。
すかした青春映画として記憶してたんで抵抗感があったのだが…

ストレートに楽しめた!
というか他の記憶と混同してたのもあったみたいで
新鮮素材として堪能できたよ。

最初に観た当時は爆撃機には興味はなかったと思う。
なのでそのあたりの印象は極めて薄い。

何年か前に爆撃機ゲームのレビューを書いてから
すごく魅力的なシチュエーションだと心をがっちり捕まれたのだった。

メンフィスベルに搭乗し
運命をともにするのは10人。
目指すはドイツの要所ブレーメン。

今話題の「父親たちの星条旗」で話題の
戦時国債というキーワードも出てきてたり

いろいろと戦争というものについて
考えさせられたのでした。

メンフィス・ベル メンフィス・ベル
マシュー・モディン (2006/06/02)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DJ24

星座マラソン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。