スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユマニテ

すごい。

今までに無い新しい衝撃を受けた。
こんな映画は初めてだ。

似てるイメージの映画がなかったか思いをめぐらせてみると
小津の作品が浮かんできた。

なるほど
アキ・カウリスマキの作品の感じにも似てるかも。
「罪と罰」とか。

でも小津やカウリスマキの映画を観ても
こんな衝撃を経験した覚えはない。

どんな衝撃かというと、
映画というものの懐を勘違いしていた自分に気付く衝撃。

主演の男優が凄いのか、監督が凄いのか…

とにかく
熟睡しそうになる雰囲気・流れなのに
画から目が離せない。

観なくてはいけないものをやっと観れたという感じだが
重いので、もう一度という気は今のところしない。

これからの人生で
人間性…ユマニテに疑問をもったとき
また紐解いてみたい傑作だ。

イイお話を観たいという人には厳しいかもしれんが
イイ映画を観たいというチャレンジャーは是非!

ユマニテ ユマニテ
エマニュエル・ショッテ (2003/11/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DJ24

星座マラソン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。