スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人ゲームへの招待

しょぼ~ん

世界的ボードゲームClueを題材とした作品…だってさ。
エンディングが3通り…だってさ

冒頭から小ネタの連続で
不穏な空気を感じていたが…

やっぱりダメだった><

終始ドタバタで(つか駆け足w)
推理も何もあったもんじゃない。

エンディングが複数あるし
なにかオモスレーことがあるんじゃないかと
最後まで観れたのは確かなのだが…

もっとコメディ色を強くするか
本格的にミステリーしてほしかった。

役者は良い感じだったので残念なり。

あとゴスフォードパークとかでも思ったけど
こういうのは屋敷の構造とか取り巻く環境を
魅力的かつ妄想の起点とできるよう見せてほしいのよね。
難しいとは思うけど
ドッグウィルみたいな手もあるかと。

期待した分の反動で星1つ。しょぼ~ん

ゲーム製作者に
撮らせたら良いんじゃないかと。

殺人ゲームへの招待殺人ゲームへの招待
(2005/03/25)
アイリーン・ブレナン、ティム・カリー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DJ24

星座マラソン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。