スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄光のエンブレム

シンシアギブ! シンシアギブ!

記憶が美化されてるかもーーー

つかロブロウと我が青春のシンシアギブ
のための映画だったよな、とか思って観てみたら

あれ!
めっちゃ普通に観れるよ!(普通って?)
普通に楽しめた!!(だから普通って?)
たしかに思い入れがある
作品だったのは間違いないけれど…
すごい意外だ。

シンシアギブは堂々としたもんです。
さすがキンバリーw

あと
キアヌ兄貴がちょい役で出てたのにワロタ。
こういう時代もあったんだよね…

栄光のエンブレム 栄光のエンブレム
ロブ・ロウ、シンシア・ギブ 他 (2004/05/28)
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

ビー・クール

こういうの好きなんだけどなあ。
残念ながら不発だった。

前作のゲット・ショーティから進化無いね。
というか進化させる気はないんだろう。
トラボルタとユマサーマンを
踊らせたかっただけかも?w
米国でどういう評価を受けてるか知らないが
少々物足りないと思う。

主人公役のトラボルタがクールなのは
まあしょうがないとして
ユマサーマンが毒を吐くとか
ハーベイカイテルがキレルとか
あっても作品は壊さないんじゃないかなあ
と思うのだが。
(というか二人の活躍がもっと観たかっただけw)

クリスティーナ・ミリアンやら
スティーブン・タイラー(本人として)が
出演してのサクセスストーリーは正直こそばゆくなる。まあ好演してたけどねえ…

ロックは笑えた。ちょっと好きになったかも。
ニコールキッドマンとの共演を観てみたいw


踊りはいいですよ。
エンドロールの踊りも忘れずに。

ビー・クール ビー・クール
ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン 他 (2006/07/26)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

633爆撃隊


なんて無駄が無いんだろう。
でもそのシンプルさに惹かれてしまった。

戦争という運命に巻き込まれ
果敢に命を落とすソルジャーたち。

悲しみを煽るため
長渕が唄うようなことはない。

ひたすら勇ましいBGM。
これが逆に胸を打つ…

愛国心を
鼓舞する映画とは思いたくない。

633爆撃隊 633爆撃隊
クリフ・ロバートソン、ジョージ・チャキリス 他 (2006/08/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

ビッグ・リボウスキ


何回観てもオモスレーです!はい脱帽です!

ウォルターに笑い
ウォルターにあきれ
ウォルターに泣く

そんな映画。

ウォルターに変な奴と思われてるジーザス
という構図。

これが人間様というもの。
めぐりめぐって常識人が変人となるわけか。

あと
デュードのファンタジーが秀逸。大爆笑www

ビッグ・リボウスキ ビッグ・リボウスキ
ジェフ・ブリッジズ、ジョン・グッドマン 他 (2002/03/22)
パイオニアLDC

この商品の詳細を見る

リプレイ

やっと最後まで観れた。

アイデンティティーのスタッフが作ったとかで
めっちゃ期待してたんだけど…

分からない
のと
分かりずらい
とのでは

全く違うということ。
本作は後者だった感じ。

途中から訳はどうあれ
過去の変化が未来に影響するという
定番でやっちゃったんで
ちと陳腐になっちゃったかねえ…

特典にもあったけど
臨死体験で真っ向勝負してほしかった。

まあ
色々と比較した場合の話で先入観が無ければ
これはこれで面白いんだろうけど。

リプレイ リプレイ
ライアン・フィリップ、サラ・ポーリー 他 (2004/09/24)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

Vフォー・ヴェンデッタ

いやあ、かっこよかったんだけど…
世界観も好きだしね。

なんだろう?このモヤモヤ感。

はじまってすぐに
Vの存在感が常人レベルに。
まあ仮面はかぶってんだけどさ…
なんかあっさりすぎて
もったいないなあとモヤモヤ。

ナタリー・ポートマンが演じるイヴィーと
さっさと目線を同じにしたかったんかなあ、とか
その後の要素詰まり具合を観て、
無理矢理に納得しましたけど。
だってモヤモヤしたままじゃ楽しめないものw

その後も、なんかモヤモヤが続く。

個々のシーンとして観ると
すごく良いんです。アイデアも見映えも

女研究者との再会とか
隣人とのやりとりとか

でも繋げてみると
なんかチグハグしとる。

Vに集中しすぎじゃ?
やりたいシーンをとりあえずいれて
残りを何とかつなぎ合わせたように思えてしまう。

イヴィーとフィンチ警視の変化後の能動的な動きを
期待しちゃう展開なのに、結局Vなんだよねえ…

結局Vといえば
ラストシーンのあれ。
あれは正直恥ずかしくなった。ゴメン。
せめて一悶着あれば…
うーん、俺って素直じゃないのかねえ…

にしても
このレビューを書いてて
はじめてVがエルロンドだって知った。
つかウォシャウスキー兄(姉)弟だってのも今知ったよww
エルロンドじゃなくてスミスですね。

Vフォー・ヴェンデッタ Vフォー・ヴェンデッタ
ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング 他 (2006/09/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

ブラック・ムーン

夢なんで気楽に観ろって言われても…
期待しちゃうってもんよ。

序盤は良かったのになあ…残念。
屋敷にたどり着いてチマチマしはじめてから
ずんずんつまらなくなる。

惰性で何とか最後まで観れた感じ。

序盤は星五つ!
全体均すと星一つ。
主人公の転びっぷりとパンツずり落ちっぷり
に敬意を表して星プラス1。

ユニコーン含め
まさに家畜ムービー!!

ブラック・ムーン ブラック・ムーン
キャスリン・ハリソン、ジョー・ダレッサンドロ 他 (2006/08/26)
紀伊國屋書店

この商品の詳細を見る
DJ24

星座マラソン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。